Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カセドラルコーブ&ホットウォータービーチ

ただいま、コロマンデル半島のフィティアンガという街に滞在中です。

ここで有名なのはカセドラルコーブ&ホットウォータービーチ。
とってもきれいな街なのでいろいろ見て回りたいのですがあまり交通の便がよくありません。

しかしまたBBHで同室になったイタリア人とドイツ人の女子に一緒に行こうと声をかけ、行ってみました。
かなりここからは遠いところに位置しているのでレンタカーかバスを使って行こうかと思っていたけど、彼女らが仕入れてきた情報だとフェリーで渡って45分歩けばつくらしいということ。

本当か!!??と半信半疑ながらも小雨の振る中レインジャケット上下しっかり着込んで出発。

2~3時間歩けど目的地にはつかず。しかしそこら中にきれいなビーチが広がっておりとてもいい眺め。でもぜんぜん着かない。あたりは人がほとんどといってもいいくらい居ない、、。

さすがにヒッチハイクでもしないと駄目かねと話ていたけど、その車さえなかなか通らない。
へとへとで歩いていると、地元のおじさんが車で拾ってくれました!!

このまま歩いていたら着くころは夜だね、とおじさん爆笑。

親切なおじさんに連れられカセドラルコーブまで到着。

どうやら歩いて45分というのはコーブの駐車場からビーチへ降りるがけの道の距離のことのようでした。

それはもう絶景で、言葉での表現が見つかりません。私の写真でつたわるかな。
カセドラルコーブ


そこからホットウォータービーチはさらに車で走らねば行けないということでどうしたもんかと思っていると、ドイツ人女子がドイツ人カップルに声をかけ方向が同じようなら乗せてってくれないかと交渉!

ホットウォータビーチ。その名のとおり浜辺を掘ると熱いお湯が出てくる!驚きです。
ホットウォータービーチ


その後、その人たちがとてもいい人で、宿まで送ってくれました。行く方向が違うのになんていい人なのだろう。

なんてお礼をしたらいいものやら。ありがとう皆さん。本当に感謝です。
お礼に今まで行ったBBHのお勧めを紹介して来ました。(もちろんロトルアは私の滞在先を。)

人との出会いが旅を充実させてくれています。
クックスビーチ
スポンサーサイト

タウランガ&マウントマウンガヌイ

ロトルアから旅立ち、最初にたどり着いたのは、港の街タウランガ。

ロトルアの独特なにおいはなく、海が広がる開放的なところです。
そこのBBHで同室になったドイツ人と台湾人の男子と近くのマウントマウンガヌイへのぼりにいってきました。

35~40分の簡単な道だよと教わり、確かに距離は長くないですが普段運動をしない私にとってなかなかのハイキングでした。

しか~し!頂上に着いたときの爽快感とさわやかな汗(と自分では思っている)は病みつきに!!
Mt


きちんとしたハイキングシューズを買おうかな~と考えています。

またどこかの山を登ろう!

そこに山があるから」。 その言葉の意味を実感しました

さらばロトルア

とうとう明日、ロトルアを去ります。
2ヶ月は長いようで短かったな~としみじみ思います。

二ヶ月前に会ったオーナーの息子Donくん(1歳数ヶ月)は帰ってきたら少しドイツ語を話せるようになっていました。

それに驚いていると、オーナーが「二ヶ月前よりずいぶん英語が話せるようになったじゃないか!?」
と!!

自分でも最近はずいぶん慣れてきたなと思っていたのですが、Donくんとともに成長していることを改めて知り、感慨深くなりました。

日々進化し続けて行くぞー!

とりあえず明日、タウランガという東海岸の方へ向かい、ニュージーランド最北端の地へ向かって旅立ちます!!

夕暮れのロトルア湖


新しい人々にそしてまた新しい自分に出会ってきます。

Taupoハーフマラソン大会!!

8/3、ロトルアより南に1時間ほどのところにあるニュージーランド最大の湖、タウポでハーフマラソン大会がありました。

わたしは大の運動音痴。

なのでもちろん私が走ったわけではありません。

一緒に働いているドイツ人のアドリーンが挑戦したのです。
彼女はほぼ毎日10キロ走っているのですが、21キロは未開の地。。。

徐々に「できるかな~」と不安になる彼女をサポートするためと雰囲気を楽しむ目的で私もついていっちゃいました。
アドリーン スタート前

連日雨のタウポだったそうですが、その日は霧雨ではありましたが徐々に晴れてきました。
タウポ

スタートを見送った後、私はお手製のドイツ国旗と応援の旗を作りゴールで待っていました。
応援


そして見事、彼女は大会で初めて21キロを一度も歩かずに走りきったのです!
ゴール直前!!

とても感動しました!あ~スポーツマンシップってなんて素敵なんでしょう。

自分は走らなくとも、とてもすがすがしい気分を味あわせてもらえたことに感謝です。

Good Job !! Adlene~!

家族のような仲間達

ロトルアに滞在してはや二ヶ月が経ちました。
もう一緒に滞在している仲間達は家族のような、兄弟のような感覚です。
そろそろここを去る時期が近づいてきているので、徐々に寂しくなることもあります。

8月11日にオーナーがホリデーから戻ってくるので、私たちはその後それぞれにまた別の道へ旅立ちます。

ずっと一緒に仕事をしたアメリカ人のニック、ドイツ人のアドリーン、同時期にロトルアのガラススタジオで働くために2ヶ月間滞在していたアメリカ人のガラス職人マイク。
アドリーンと私
ニック  マイク
カレン サラ

彼らとは本当に数え切れないほどの思い出が詰まっています。

また最近からロトルアのラフティングの会社に勤めるためにここに滞在し始めた南アフリカ出身のカレン、エクスチェンジで8月半ばまで滞在するドイツ人サラ。

彼女らもいつも色々教えてくれたり、一緒に爆笑したりして、そんな些細なことが本当にありがたく思
えます。
funky green voyager

ここを去るときは泣くんだろうな、、、でも別れは出会いの始まりと信じてまたさすらいます。

Appendix

Profile

gie

ワーキングホリデーに行ってみたい♪
と思い立ち、仕事を辞めてニュージーランドへ。しかし私は本当に1年間
この異国の地で生きていけるのか!?
汗と涙のGIEの海外生活挑戦記録。

Extra

プロフィール

gie

Author : gie

ワーキングホリデーに行ってみたい♪
と思い立ち、仕事を辞めてニュージーランドへ。しかし私は本当に1年間
この異国の地で生きていけるのか!?
汗と涙のGIEの海外生活挑戦記録。

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。